おすすめエロゲー大案内

ダウンロード販売されている名作・ヒット作の紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おすすめタグ  

大悪司のレビュー 100点

大悪司
2001年 アリスソフト おすすめ度:◎



ゲームの概要

2001年に発売され、今も根強い人気のあるゲーム。こういった名作を安い値段で遊べるようになったのはダウンロード販売サイトの大きな功績だと思います。多くのレビューサイトで高く評価されており、遊んでみると実際に面白いです。

終戦直後のオオサカを舞台に、非合法勢力の抗争と成長を描いた作品です。オオサカが舞台になったのは、メーカーさんの本社が大阪にあるからだと思います。東京に拠点があるエルフと共に「西のアリス、東のエルフ」と並び称されてきたトップメーカーです。

ゲームシステムはシンプルかつ快適で、遊んでいて疲れを感じることがありません。続きを見たくなってしまって、ついつい長時間遊んでしまいます。

このゲームを特徴づける第1のキーワードは地域制圧型SLGです。アリスソフトは鬼畜王ランス、大悪司、大番長、大帝国、戦国ランスといった似たシステムを有するゲームを総称して地域制圧型SLGと呼んでいます。

地域制圧型SLGを一言で説明すると、戦略級SLGのように地域単位に分かれている一方、内政による国力向上は行われないゲームです。戦闘や「威圧による建物の支配」など、武力に物を言わせた行動で勢力を拡大します。

第2のキーワードとしては、群像劇である事があげられます。敵味方を問わず、さまざまな人物が登場して、ものすごくいろいろな事が起きます。

第3のキーワードは非合法組織。非合法組織をテーマにしたゲームだけあって、制圧した地域に建てることができる建物もまた独特です。中でも売春宿の運営に関するルールには驚かされました。メイン級のヒロインすらもプレイヤーの思惑1つで売春宿に送れちゃうゲーム、売春宿からの収入が重要な財源になるゲームってなかなかないと思います。

第4のキーワードは制約の多さ。「HPが0になると主役級のキャラでも死亡し2度と復活しない」「メーカーの提示した順番で戦わないと大変な目にあわされる」「コマンドの実行回数が明らかに少ないため1回のプレイでは全てのことをできない」など、やっかいな事がいろいろあります。
でもそれが、解決策を工夫する楽しさや、2周も3周も遊ぶ楽しさへとつながっているのがこのゲームのすごいところです。


【18禁SLGの最新売れ行きランキング】
10年以上昔のゲームなのに、大悪司は売り上げランキングの常連です。




ゲームの進め方

 
・ チュートリアルが親切
ソフトを立ち上げた際の初期画面に「大悪司ってどんなゲーム?」というリンクが表示されています。これをクリックするとゲームのルールや仕組みが一通り説明されます。すごくわかりやすいですし、これがわかっていないとプレイできないので、一度は見ることをおすすめします。

・ 戦後まもないオオサカが舞台
オオサカ地方はさまざまな地域に分割されており、地域ごとに支配者がいます。それぞれの地域には最高6人までの部下を駐留させることができます。そして、駐留させている部下の収益力と同じだけの収入が毎ターン入ります。

・ 戦闘の開始
他の勢力の支配する地域に部下(最高6名)を送りこみ、自分もしくは相手が戦闘を選ぶと戦闘が行われます。戦闘の勝ち負けに応じて、その地域での支配力が変化します。現在支配している勢力の支配力がゼロになると、その地域は相手に奪われます。

・ 戦闘のルール
戦闘には敵味方最高6名まで参加します。戦闘は最高6ラウンドまでで行われ、各ラウンドごとに誰を戦いに出すか決めます。相手も1人出してくるので、常に1対1で戦いが行われます。

戦闘の判定はきわめてシンプルで、攻撃が相手に命中すれば攻撃力と同じ値だけ体力を減らし、外れれば一切ダメージを与えられません。命中率や気力にも配慮しながら、体力が0にならないようやりくりすることが大事です。

・ 捕虜のルール
戦闘の終了時、体力の減った敵を捕虜にできる場合があります。捕虜は説得して仲間にしたり、拷問して情報を獲得したりできます。女性キャラの場合は売春宿に送ることもできます。

・ 休憩のルール
どの地域にも駐留させないと休憩している状態になり、体力や気力が大幅に回復します。

・ ロードがすごく多いゲーム
悪い選択肢を選んでいきなりゲームオーバーになった(1周目に多いです)、捕虜にするつもりだった敵キャラを殺しちゃったといった事をきっかけに何回もロードすることになりがちです。

・ やりこみを楽しく感じるか否かが大事
初めてのプレイである1周目は、目新しいことがいろいろ起きるので、誰でも楽しめると思います。約2000円という購入金額の元は取れます。

2周目以降は1周目と同じ世界で効率よくプレイする事を目指しますが、そういった攻略プレイって誰もが好きなわけではないだろうと私は思います。やりこみとか攻略とか、ゲームが好きな人に好まれる作品だと感じました。

・ エッチシーンについて
エッチシーンは回想の枠だけで160もあります。でもその代わり1つ1つのシーンは薄めです。
エッチシーンの内容というよりも、様々な女性キャラクターとエッチできること自体が楽しいしエロいと私は思います。


プレイのコツ

・ メッセージの早送り
マウスの右ボタンを押すとメッセージを早送りできます。右ボタンを押しっぱなしにすると一気に進みます。ただし、バックログの表示機能がないので、肝心な場面でやらないよう気をつけてください(^^;



大悪司140

大悪司
商業SLG 2052円
筆者評価 100点

これに100点をつけてはいけないのなら、100点という得点は存在してはいけない数字になる。そう思えるぐらい気に入っています。エロゲーの歴史に関する本が出たら、大悪司は間違いなく取り上げられることでしょう。
個性が強いゲームなので、あわない人ももちろんいます。DMMのユーザーレビューに良い点・悪い点がわかりやすく書かれているので、それらを参考に採否を決めるとよいと思います。


関連記事


おすすめタグ  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://enjoylist.blog102.fc2.com/tb.php/33-80f34321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。